【「流浪の月」評論】李相日だからこそ掬い取れた「鏡花水月」のように繊細な世界(映画.com)

no title 芸能ニュース

 凪良ゆう氏の小説「流浪の月」を発表直後に読了した際、行間から“風”を感じる作品だと思いを馳せたが、…

このサイトの記事を見る